髪の毛を植える方法|育毛剤を購入するなら口コミをチェック|効果を得る呪文

育毛剤を購入するなら口コミをチェック|効果を得る呪文

男の人

髪の毛を植える方法

男性

術後に赤みが出る

植毛は頭皮に毛根を移植しますので、術後の一定期間はかさぶたや赤みが現れることがあります。頭皮の部分に赤みが生じてしまうことは、他人に見られたくないと考えられますので、何日か連続して休みが取れるときに施術を受けることが理想的です。施術を受けてから3日ほどの期間が経過すれば、かつらや帽子をかぶることによって症状を目立たなくすることが可能です。ただし、施術を受けてすぐの期間中は、できるだけ頭皮に刺激を与えないようにする必要があります。術後は一度植え込んだ髪の毛が抜けます。このことを初期脱毛といい、施術を受けてから2〜4週間後に現れます。自毛植毛では自然な髪の毛と同じように毛根を植えていますので、抜け落ちた髪の毛であっても再び生えてきますので安心です。

頭皮に毛根を植え込む

薄毛の治療法として知られているものに、植毛や増毛がありますが、両者は全く異なる治療法となります。増毛であれば髪の毛を移植するものではあく、もともと生えている髪の毛に人工毛を結びつける施術を行います。一方で植毛は髪の毛に人工毛を付けるのではなく、頭皮に毛根を移植して髪の毛を増やす方法です。ひと昔前までであれば人工毛を移植する植毛が主流でしたが、現在では自毛植毛の施術を受けられるクリニックが増えています。自毛植毛では、自分の残されている髪の毛を採取して、薄くなっている頭皮の部分に植え込みます。移植を行った髪の毛は自然な毛と同様に、抜けたり生えたりしてくるために、自然な仕上がりを実現できる薄毛の治療法として注目されています。